ハローワークの職員は素人集団!専門的な知識なんて全くなし!

ハローワークと聞くと公的な機関だから登録されている求人情報が全て確かだから安心!と思い込みがちですが、実際のところ安心できる優良求人なんてほんの数パーセントあるかないかと言っていいレベルです。
どうしてハローワークがそんなにダメなのか、その理由を順に説明していきます!

無料で掲載できるから企業の質が低い!

ハローワークへの掲載は基本的に無料なのでどんな会社でも募集ができます。中小・零細企業の人事部としてはタダで求人募集ができるからありがたいお話ですよね。
でも私たち求職者からしてみるとハローワークは小規模で不安定な会社の求人に当たる率が高いとも取れます。
会社の要である人材の確保を無料で済ませてしまう程、余裕が無いような事業所では満足に仕事を進める事もできませんよね。もちろんサービス残業も他に比べると多くなってしまう事でしょう。

業務内容を理解していない職員がゴロゴロ!

ハローワークで仲介作業をしている職員は一応公務員ではありますが、職業に関しての知識を持ってない人がほとんどです。軽作業や一般事務などの一般的な業務ならボンヤリと頭に浮かんでいるでしょうが、ソフトウェア開発やら販路コーディネーターなど少し専門的な要素が入ると職員の頭の中は「何をする職業なの?」といった具合に?マークが飛び交っています。もちろん看護師のお仕事もかなり専門的な仕事になるので仕事内容まで詳しく知っている職員はごく稀でしょう。
仕事内容に関して無知の人が求人のマッチングなんてできるハズが無いという事なんです。

労働条件が実際のものと異なる事が多い!

完全週休2日制と条件には書かれていたけれど面接での説明では隔週休日だったり、時間外労働月10時間と書かれていても実際は30時間以上あったり…ハローワークの求人ではこんな事は日常茶飯事。
募集時の条件と異なるので違反報告をすればいいのですが、実際には消費税増税のようにジワジワと条件を悪くする手法でズルズルと会社の思うがままにされてしまう事が多いです。せっかく半年も続いたんだから今さら辞めるのも…という風に諦めさせる手法もよく使ってきます。

⇒【コラム】サイト管理人のハローワークで転職失敗体験記

ハローワークの看護師求人がダメならどこで探せばいいの?

ハローワークでの転職が失敗しやすい理由を説明しましたが、中には仕事内容についての知識も豊富で丁寧に対応してくれる職員も存在します。
ただそんな質のいい職員に対応してもらったとしても、掲載されている求人自体の質があまりよくないので、どちらにしろハローワークでは希望の看護師求人は見つからない可能性が高いです。

 

では一体どこで看護師求人を探せばいいの?という話になってきますが、その答えは「看護の仕事内容に詳しい人が仲介してくれるところ」なんです。
例えば各都道府県の看護協会が運営しているナースセンターのナースバンクなどが候補として挙げられますが、こちらも公的機関が運営しているため職員によって知識の差が大きいというデメリットがあります。
一番オススメできるのが「看護のお仕事」などの看護師求人に特化した民間の職業紹介会社なんです。
公的な機関よりも民間会社の方が質がいいの?と首を傾げそうになりますが、民間企業は基本的に競争社会で生き残る必要があるので、利用者が喜んで使ってくれるように日々努力しサービス内容を改善していきます。
その結果、危機感のない公的機関よりも良質な看護師求人が揃っているという事なんですね。

当サイト一押し!看護師特化の求人サイトはコチラ!

マイナビ看護師

マイナビ看護師
厚生労働大臣認可の「職業紹介優良事業者」認定を取得している“マイナビ看護師”だから、ハローワークよりも質の良い看護師求人をたくさんストック!
他にはない『好条件の非公開求人』は一見の価値ありです。

 

>>「マイナビ看護師」の非公開求人をチェック!