ナースセンターではこんな事業が日々行われています

ナースセンターとは一言で表現すると「看護師求人に特化したハローワーク」というのが適切です。
厚生労働大臣認可の無料職業紹介所で病院からの仲介手数料や広告料などが一切発生しない各都道府県の看護協会が運営する事業の一つです。
そんなナースセンターの中にもいくつかの事業が存在します。

ナースバンク事業

主な事業内容は看護師などの無料職業紹介です。(ハローワークの看護師求人特化バージョン)
ハローワークと同じくインターネットで求人の検索や紹介が可能な「e-ナースセンター」というサービスも展開しています。
またブランクナースの為に看護職復職支援研修などの実践的な講習会なども開催しており、やっている事はハローワークの職業紹介事業とほぼ同じと言っていいでしょう。ナースセンターの核となる事業です。

 

その他、看護に関するイベント等

これは各都道府県のナースセンターによって内容が微妙に異なるので、絶対にこのイベント活動をする!とは言い切る事ができませんが、一例を挙げるとこんな感じです。

 

「ふれあい看護体験」(奈良)…県内の中学生以上を対象に看護活動体験の場を提供しています。
「看護師メンタルケア相談」(大阪)…精神的な不安を抱えている看護師を対象にした相談会です。
「訪問看護に関する看護研修」(京都)…要介護者の増加を見越して訪問介護スキルUPの研修です。
「看護師のための情報誌を発行」(東京)…看護の現場へのインタビュー記事など豊富な情報を掲載。

 

このように各都道府県のナースセンターによって活動内容は微妙に違っていますが「全ての看護に関わる人の為に」という活動の根本的な部分は合致していますので、ナースを目指している人、ブランクから復帰したいと思っている人、今の現場が辛くて悩んでいる人などは積極的に利用しても良いかもしれませんね。

看護師に特化した求人とはいえ内容は知れている?

看護師求人に特化したナースバンク事業と言っても、看護協会が運営しているので内容はハローワークのそれとほぼ一緒だと思って間違いはありません。
結局のところ、どんな病院やクリニックや介護施設でも無料で求人の掲載ができる場だから、ブラックな現場の求人も実際にゴロゴロ転がっているのが事実です。
一般のハローワークで紹介してもらうよりも看護求人に特化している分まだマシといったところでしょうか。
日勤のみという条件で入ったのに、気が付いたら夜勤も半ば強制的にやらされている!なんてことも多々あるでしょう。
求人票の条件だけを重視した結果、師長さんの性格がまるで鬼のようで一ヶ月も経たないうちにノイローゼになってしまった…といった悲惨なケースも少なくはありません。

 

そんな失敗をしない為には、看護師求人の質を重視する必要があります。
ハローワークやナースバンクサービスなどとは違い、民間の看護師転職サービスは掲載するのに広告費を支払う必要があるので病院やクリニックなども本気で求人活動をしているのでオススメ!
ダメだったら次の人を雇えばいいや!なんていう気は毛頭なく可能な限り長く続けて貰いたいという気持ちが強い現場が多いのが特徴です。

 

また、サービス利用中は看護師求人専門のコンサルタントが付いてくれるので、面接希望の現場を事前に見学できたり、お給与や勤務日数などの言いにくい事も代わりに交渉してくれるという利点もあります。
ハローワークやナースバンクの看護師求人をアテにするよりも民間の看護師転職サービスを使って優良な看護師求人を探してもらう方が楽で確かと言えるでしょう。