再就職手当の受給条件は全部で7つ!必ず覚えておこう!

お祝い

失業給付金をもらっている間にある一定の条件で就職すると、再就職手当と言う一種のお祝い金がもらえます。
その必須条件とは以下のような条件になります。

  1. 就業についた日の前日までの基本手当の支給残日数が、所定給付日数の3分の1以上であること
  2. 離職前の事業主に雇われ直したものではないということ
  3. 求職の申込み前に雇われることが約束されていないこと
  4. 給付制限1ヶ月以内の場合の就職は、ハローワーク等で紹介した就職先であること
  5. 3年以内に再就職手当をもらっていないこと
  6. 1年を超えて引き続き雇用されることが確実であると予想される職業に就いたこと
  7. 個人事業を開始したもの

再就職と認められるのは、1年を超えて安定的に雇用されそうな就職であるということがポイントです。
この判断は雇用契約書や労働条件、就職証明書などを確認してハローワークが行います。

 

また自己都合退職の場合4の給付制限1ヶ月には、待機期間経過後から1ヶ月になるので注意が必要です。
それ以外に勘違いしてしまいやすい注意点としては、職業紹介事業者などを使った派遣就業での再就職です。
派遣会社から紹介された仕事を契約期間が終わって退職してしまい、失業保険の手続きが終わった後に同じ派遣会社からの紹介で仕事が決まったという場合では再就職手当はもらえません。
そもそも雇用保険自体が正社員を想定してつくられた保険なので、派遣社員の場合適用されないことが多いので事前によく確認しましょう。

再就職手当の支給額は残り給付日数によって変動

再就職手当の支給要件が満たされている場合、支給金額は失業給付金の総支給日数の残日数によって計算方法が変わってきます。注意すべき点は残日数が3分の2以上か3分の1以上かということで変わってくる給付率です。

 

失業給付金の給付残日数が3分の2以上の場合、支給額は基本手当日額に残日数をかけた額の60%が再就職手当として支払われます。
つまり、基本手当日額を2000円で支給されている人だと支給残日数が60日の場合、60%の72000円がお祝い金として支給されるということになります。

 

失業給付金の給付残日数が3分の1以上の場合では、基本手当日額に残日数をかけ多額の50%が再就職手当として支給されます。
例えば、基本手当日額を3000円で支給されている人が、残日数30日で就職が決まった場合、50%の45000円が再就職手当としてもらえるようになります。

 

自己都合退職をした人の場合は、給付制限があり待機期間と給付制限の最初の1ヶ月のうちに就職する場合は、ハローワークなどから紹介された雇用先でないと再就職手当をもらうことが出来ないので注意が必要です。
また、この基本手当日額には支給上限があり、離職時の年齢が60歳未満の人で7805円、60歳から65歳未満の人で6709円となります。
再就職手当はいつから就業するようになるかが大きなポイントになるので、自分の残日数から計算してみてください。

再就職の予定があるなら失業保険を受けない方が良い場合もある

拒否する

失業給付金の手続きをして、実際に給付金を受け取りはじめるとそれまで加入していた雇用保険の加入年日数が一度、白紙に戻ってしまいます。
安易にお金がもらえるからと受給手続きを行ってしまうと本当に必要な時に十分な額がもらえない事になるので注意が必要です。

 

そもそも失業給付金は雇用保険に加入している人が対象となる支援金で、失業したからといって誰でももらえるというものではありません。
また被保険者期間が離職日以前の2年間に12ヶ月以上ないと対象にならず、支給される期間は雇用保険に加入されていた期間によって変わってきます。
給付金額の基本手当日額の上限額は60歳未満の人で7830円、60歳以上65歳未満の人で6723円で、一括支給ではなく月ごとに支給されるものです。
被保険者期間が10年未満で90日、20年未満で120日、20年以上で150日支給され、再就職金の算出も支給日の残日数分から算出されます。

 

もしも離職後、再就職の目処があるにも関わらず、離職票を持ってハローワークで失業給付金の手続きをしてしまうと、次に会社を辞めた時に減額支給されてしまうことや十分な日数保障されないこともあります。
就職先が決まりそうな時は失業給付金の手続きを行わず、普通に就職し、前回入っていた雇用保険の加入年数を継続するような形で雇用保険料を払い続ける方がお得なこともあるので、まずは実際に自分が失業給付金をいくらもらえるのか、再就職手当をいくらもらえるのかを計算し、次回にストックしておくべきか考えてみることをおすすめします。
20年以上継続して雇用保険に加入していると最大の受給日数が割り当てられるので、出来るだけ雇用保険の切れ目を付けないように気を付けている人も多いですね。

転職に役立つお仕事検索サイトたち

派遣のお仕事を探している人にオススメ

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィング

日本一といっても過言ではない規模のお仕事検索サイト。
「三菱商事」や「Microsoft」「楽天」「バンダイナムコ」などとにかく人気企業の仕事が多いのが特徴。給与面だけでなく安定感も求めている人にもオススメです。
マッチした条件の仕事が見つかったらすぐに派遣登録の予約ができるから良い求人を逃す心配もありません。

 

>> リクルートスタッフィングで派遣のお仕事GET!

色んな条件で検索できるバイト探しサイト

マイナビバイト

マイナビバイト

求人や進路などに有利な情報をたくさん持っている「マイナビ」提供のアルバイト検索サイト。
高収入、短期、日払い、などの給与面だけでなく、働く地域や人気の職種でも絞り込み検索できるのがGOOD!
掲載されている情報は10万件超なので自分にピッタリのバイトが見つかる事間違いナシ♪

 

>> 高収入バイトも多数掲載「マイナビバイト」

IT業界で活躍したい!PCスキルを活かしたい人

レバテック キャリア

レバテック

一般的な求人サイトや派遣登録サイトでIT系の求人情報をチェックしてみたけどイマイチ条件がよくなかった…
そんな人にオススメなのが100%エンジニアに特化している「レバテックキャリア」
エンジニア専門のエージェントが実際に現場に行って情報をゲットしてくるので非公開かつ好条件の求人が見つかりやすい!

 

>> レバテックキャリアでIT系の求人をチェック

介護のお仕事がお気に入りの人にオススメ

スマイルSUPPORT介護

スマイルSUPPORT介護

正職員だけでなく、派遣、紹介予定派遣、パートなど色んな種類の働き方もチョイスできる!
なかなか思うように通らない介護職の待遇面も専任のコンサルタントが上手に交渉&調整してくれるので安心感◎
円満退職のコツもシッカリとレクチャーしてくれるので、転職が踏み切れずにいる人にもオススメ。

 

>> 高待遇な介護求人は「スマイルSUPPORT介護」で!

子供が大好き!保育園や幼稚園で働きたい!

保育士バンク

保育士バンク

「保育士バンク」は保育士や幼稚園教諭に特化した転職サポートサイトです。
プロの専任コーディネーターが仕事探しから面接の手配、条件の交渉だけでなく、入社後のサポートまでしてくれるのは心強いですね。
他の職に比べて募集数が圧倒的に少ない保育園や幼稚園の求人も保育士バンクの枠で一定数確保しているので有利な転職が可能です。

 

>> 非公開保育士求人の事なら「保育士バンク」