ハローワークを使って転職!8割は大ハズレという現実

ハローワークは公的な職業紹介機関だから安心!転職ならハローワーク一択でしょ!と思っていた時期が私にもありました。実際に職安から紹介された職場で働いた結果、とんでもない人生経験をする事になったので、その一部を暴露しちゃいます。

古代ローマ並みの奴隷的な労働環境

ハローワークに紹介してもらって面接に行ったところ、面接会場に入ってすぐ目に飛び込んできたのが二段ベッド!大きなフロアに二段ベッドが10個も並んであって、最初は何かの行事で使う事があるのかな?と思っていましたが、実際にそこで働き出すとそのベッドが毎日満員になるくらいの拘束時間で酷い時は一つの二段ベッドに6人収容という事もありました。
お給与はそれなりに出ましたが、明らかな労働基準法違反が毎日のように行われていました。最大60人の泊まり込みなんて奴隷以外の何ものでもないですよね。

暴力が蔓延する現場で怯えながらの作業

ハローワークから紹介されたとある映像編集会社で勤務していた時のお話なんですが、初出勤時にライターで髪の毛を燃やされて、首を絞められて落とされるといった暴行を受けた事がありました。
やった本人は「この洗礼に耐えられないと一人前にはなれない!」と主張していましたが、ちょっと意味が分かりませんでしたね。髪を燃やされたので流石に頭にきて警察に被害届を出す!と言ったら「履歴書でお前の住所も実家も分かってる!そんな事をしたら全員○スから覚悟しておけ!」と脅されて結局泣き寝入り。バカバカしくなったので会社も即辞める事になりました。

社長が脱税行為!?元同僚がまさかの逮捕!

残業もなし!給料もいい!みんなから慕われる社長!コレは当たりを引いた!と思いながら仕事をしていたある日。何気なしにトイレに行った時に個室から社長が誰かと電話で話している声が…その内容はどうやら税金を誤魔化す算段で、その話を聞いた3ヶ月後に社長が脱税行為で逮捕されたニュースがTVで流れていました。その時私と一緒に働いていた同僚も脱税の共犯者という事で一緒に逮捕されていました。
自分は例のトイレでの会話を聞いた一週間後にこのままでは危ない!と感じて退職をしていたので被害を受けずに済みました。

 

私が実際に体験したハズレ求人を簡単に紹介しましたが、一つ勘違いしないで欲しいのがハローワークで紹介された仕事が全てこんなに最低なものではないという事です。
実際に私の従妹はハローワークでもの凄く働きやすいホワイトな職場を紹介してもらい現在もそこで仕事をしています。
ただ、自分の場合は運悪くハズレ求人に連続で当たっただけかもしれませんが、そんな事が起こるという事はハローワークは全体的にハズレ求人の方が多く登録されているから失敗のリスクが高いと考えられるのではないかと思います。